トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

用途別の汎用モジュール

Last-modified: 2016-06-28 (火) 16:52:00
Top/用途別の汎用モジュール


共通

日付系

  • 日付からタイムスタンプへの変換→IB_CONVERT_INTO_TIMESTAMP
  • タイムスタンプから日付への変換→IB_CONVERT_FROM_TIMESTAMP
  • 月初の日付の取得→FIRST_DAY_IN_PERIOD_GET
  • 月末の日付の取得→LAST_DAY_IN_PERIOD_GET
  • 内部形式に変換→CONVERT_DATE_TO_INTERNAL
  • 基準日と経過日数から日付を算定したい→DATE_IN_FUTURE
  • ある日付が二つの範囲内かチェックする→CP_CHK_DATE
  • ある日付の曜日が知りたい→DATE_COMPUTE_DAY
  • ある日付から営業日が知りたい→DATE_CONVERT_TO_FACTORYDATE
  • ある営業日から日付が知りたい→FACTORYDATE_CONVERT_TO_DATE
  • ある日付の「週」が知りたい→DATE_GET_WEEK
  • ある週の初日が知りたい→WEEK_GET_FIRST_DAY
  • ある日付が祝日かどうかをチェックしたい→HOLIDAY_CHECK_AND_GET_INFO
  • ある日付の月末日が知りたい→RP_LAST_DAY_OF_MONTHS
  • ある日付のnヶ月後が知りたい→RE_ADD_MONTH_TO_DATE
  • ある日付からある日付の月間隔が知りたい→MONTHS_BETWEEN_TWO_DATES
  • ある日付の会計年度会計期間、前の会計年度、前の会計期間が知りたい→GET_CURRENT_YEAR
  • ある日付のnヶ月前あるいはnヶ月後の日付が知りたい→MONTH_PLUS_DETERMINE
  • ある日付を内部形式に変換したい→CONVERSION_EXIT_PDATE_INPUT
  • ある日付を外部形式に変換したい→CONVERSION_EXIT_PDATE_OUTPUT
  • ある会計年度会計期間の初日が知りたい→FIRST_DAY_IN_PERIOD_GET
  • ある会計年度会計期間の末日が知りたい→LAST_DAY_IN_PERIOD_GET
  • うるう年の数が知りたい→LEAP_DAYS_BETWEEN_TWO_DATES
  • 指定した年月日の月末が知りたい→END_OF_MONTH_DETERMINE_2
  • 指定日のnヶ月後をが知りたい→END_OF_PERIOD_DETERMINE
  • 指定日のn日後を求める→INCL_DATE_CHANGE
  • 日付の妥当性をチェックしたい→DATE_CHECK_PLAUSIBILITY
  • 西暦から和暦に変換したい→CONVERSION_EXIT_JPDAT_OUTPUT
  • ある日付の月初と月末が知りたい→HR_JP_MONTH_BEGIN_END_DATE
  • ある日付の翌月末日が知りたい→HR_PSD_DATES_ADD_MONTHS

文字列・数値

  • 数値かどうか判定→NUMERIC_CHECK
  • 全角が含まれているか判定→KATAKANA
  • 2バイト文字→1バイト文字変換→SJIS_DBC_TO_SBC
  • 1バイト文字→2バイト文字変換→SJIS_SBC_TO_DBC
  • 四捨五入・切上げ・切捨て: ROUND
  • 指定したバイト数で文字列を分割したい→TEXT_SPLIT

その他

  • 外部コマンドをキックしたい→SXPG_COMMAND_EXECUTE
  • メールを送信したい→SO_NEW_DOCUMENT_SEND_API1
  • 内部テーブルの内容を検索ヘルプとして表示したい→F4IF_INT_TABLE_VALUE_REQUEST
  • スプールの内容をPDF化してダウンロードしたい
    • GET_PRINT_PARAMETERSでパラメータのセット
    • スプールの登録
    • RSPO_FIND_SPOOL_REQUESTSでスプール番号を取得
    • CONVERT_ABAPSPOOLJOB_2_PDFでPDF化

テーブル・ドメイン等の開発系

  • テーブル名から項目IDや項目名などを取得したい→RPY_TABLE_READ
  • ドメインからドメイン値を取得したい→GET_DOMAIN_VALUES
  • バリアントの情報を取得→RS_VARIANT_VALUES_TECH_DATA プログラムIDとバリアント等を指定しVARIANT_VALUESには選択画面の項目(S or P、I、EQ、値)、VARIANT_TEXTには選択画面の項目とテキスト。

財務会計

会計伝票全般

GL

  • GL会計伝票を転記したい→BAPI_ACC_GL_POSTING_POST
  • GL会計伝票を反対仕訳したい→BAPI_ACC_GL_POSTING_REV_POST

小口現金出納帳伝票

資産マスタ

その他

  • 会社コードの詳細データを取得したい→BAPI_COMPANYCODE_GET_PERIOD ちなみに、存在チェック用に BAPI_COMPANYCODE_EXISTENCECHK も用意されているが、この汎用モジュールでもチェック可能なため、わざわざ使い分ける必要もないのでコレでよいと思われる。

管理会計

共通

収益性分析

利益センタ会計

  • ロジ伝票などから利益センタ伝票を照会したい→COPCA_DOCUMENT_RECORD I_AWTYPに参照処理、I_AWREFに伝票番号でok

販売管理

共通

受注伝票

引合伝票

  • 引合伝票を登録したい→BAPI_INQUIRY_CREATEFROMDATA2
  • 引合伝票を変更したい→BAPI_CUSTOMERINQUIRY_CHANGE

見積伝票

  • 見積伝票を登録したい→BAPI_QUOTATION_CREATEFROMDATA2
  • 見積伝票を変更したい→BAPI_CUSTOMERQUOTATION_CHANGE

請求伝票

  • 請求伝票を登録したい→BAPI_BILLINGDOC_CREATEMULTIPLE
  • 請求伝票を取消したい→BAPI_BILLINGDOC_CANCEL1

荷役単位

与信管理

  • 与信勘定の伝票が欲しい→CUSTOMER_OPEN_ITEMS
  • 一番古い未処理伝票が欲しい→CUSTOMER_OLDEST_OPEN_ITEM
  • 間隔別の期日分析がしたい→CUSTOMER_DUE_DATE_ANALYSIS
  • ?→CUSTOMER_DSO_CALCULATION_3

購買管理

購買依頼

購買発注

請求書照合

在庫管理

入出庫伝票

入出庫予定

実地棚卸

ロジスティクス

グローバルトレード管理

  • トレード契約番号から伝票フローを照会したい→WB2B_TC_GET_FLOW_FL
  • 後続伝票からトレード契約を照会したい→WB2_GET_TC_POS_FROM_DOCUMENT 伝票カテゴリと伝票番号(明細番号も指定可能)で、KOMWBHK・KOMWBHI・KOMWBHD →BAPI_TRADINGCONTRACT_CREATE TCの登録。アドオン項目の指定が面倒臭そう →BAPI_TRADINGCONTRACT_CHANGE TCの変更。よくある変更系のBAPIと使い方は同じっぽい →BAPI_TRADINGCONTRACT_GET_FLOW 本当に伝票同士の「つながり」を抜くだけ。数量もプロセスステップもなし →BAPI_TRADINGCONTRACT_GET_LIST 様々な選択条件でマルチラインテキストを含む様々な関連データが抽出可能 →BAPI_TRADINGCONTRACT_GETSTATUS TCごとにステータスを抜き取ることができ、ステータスのテキストも抜くことができる・・・が、利用価値があるかは不明 →BAPI_TRADINGCONTRACT_RELEASE TCごとにリリースを実行。テストランも可能

生産管理

作業手順

計画手配

計画手配を登録したい→BAPI_PLANNEDORDER_CREATE 計画手配を変更したい→BAPI_PLANNEDORDER_CHANGE 計画手配を削除したい→BAPI_PLANNEDORDER_DELETE 計画手配を照会したい→BAPI_PLANNEDORDER_GET_DETAIL

計画独立所要量

ベーシス

アプリケーションログ

汎用グループ SBAL(アプリケーションログ: メッセージ収集)の汎用モジュール

BAL_GLB_SEARCH_LOG Application Log: Global: Find log(s) (in memory) BAL_GLB_SEARCH_MSG Application Log: Global: Find message(s) (in memory) BAL_LOG_CREATE Application Log: Log: Create with Header Data BAL_LOG_EXCEPTION_ADD Application Log: Log: Add Exception BAL_LOG_EXCEPTION_CHANGE Application Log: Log: Exception: Change BAL_LOG_EXCEPTION_DELETE Application Log: Log: Delete Exception BAL_LOG_EXCEPTION_READ Application Log: Log: Exception: Read Data and Texts BAL_LOG_EXC_ADD Application Log: Log: Exception: Add BAL_LOG_HDR_CHANGE Application Log: Log: Header data: Change BAL_LOG_HDR_READ Application Log: Log: Header Data: Read Data and Texts BAL_LOG_MSG_ADD Application Log: Log: Message: Add BAL_LOG_MSG_ADD_FREE_TEXT Application Log: Log: Message: Insert as free text BAL_LOG_MSG_CHANGE Application Log: Log: Message: Change BAL_LOG_MSG_CUMULATE Application Log: Log: Message: Add Cumulatively BAL_LOG_MSG_DELETE Application Log: Log: Message: Delete BAL_LOG_MSG_DELETE_ALL Application Log: Log: Message: Delete All Messages BAL_LOG_MSG_READ Application Log: Log: Message: Read data and texts BAL_LOG_REFRESH Application Log: Log: Delete log from memory

汎用グループ SBAL_TOOLBOX(アプリケーションログツールボックス)の汎用モジュール

BAL_DB_DEQUEUE Application Log: Database: Unlock log BAL_DB_ENQUEUE Application Log: Database: Lock log BAL_DB_LOGNUMBER_GET Application Log: Database: Get internal log number from number range BAL_DB_RELOAD Application Log: Database: Reload messages of a log BAL_DB_SAVE_PREPARE Application Log: Database: Preparation (replace temp. numbers) BAL_DSP_OUTPUT_PAI Application Log: Module no longer needed BAL_DSP_USER_COMMAND_DATA_GET Application Log: Get user command data BAL_GLB_AUTHORIZATION_GET Application Log: Global: Authorization assigned BAL_GLB_AUTHORIZATION_RESET Application Log: Global: Cancel authorization BAL_GLB_CONFIG_GET Application Log: Global: Read configuration BAL_GLB_CONFIG_SET Application Log: Global: Set configuration BAL_GLB_MEMORY_EXPORT Application Log: Global: Export memory BAL_GLB_MEMORY_IMPORT Application Log: Global: Import and insert memory BAL_GLB_MEMORY_REFRESH CAUTION: Resets the ENTIRE des Application Log memory (=> FM doc.) BAL_GLB_MSG_CURRENT_HANDLE_GET Application Log: Global: Get current message handle BAL_GLB_MSG_DEFAULTS_GET Application Log: Global: Read message defaults BAL_GLB_MSG_DEFAULTS_SET Application Log: Global: Set message defaults BAL_LOG_DELETE Application Log: Log: Delete log (from DB also at save) BAL_LOG_EXIST Application Log: Log: Check existence (in memory) BAL_LOG_MSG_EXIST Application Log: Log: Message: Check existence (in memory) BAL_LOG_MSG_REPLACE Application Log: Log: Message: Replace last BAL_STATISTICS_GLB_SET BAL_STATISTICS_LOG_GET BAL_STATISTICS_LOG_SET¥



【スポンサードリンク】
  




コメントはありません。 Comments/用途別の汎用モジュール

お名前:

*1 管理会計の汎用モジュールであるし管理会計と財務会計は違う!という人もいるかもしれないが、財務会計と管理会計で会計年度バリアントは違う値でも、中身が違うもの同士に関連性を持たせることはできないので結果ok